ビルメン(設備管理)の転職! ビルメン(設備管理)求人

ビルメン(設備管理)の面接対策に最適!面接で聞かれる事のまとめ!

更新日:

ビルメン(設備管理)の面接で質問される内容!

新たに転職や就職をする際に、必ず面接があります。

ビルメン業界の面接では、一体どのようなことを質問され聞かれるのでしょうか?ビルメンの仕事は、設備管理と建物の維持、メンテナンスが主な仕事ですが、基本的にはサービス業です。

過去の職務経歴や所持している資格については、必ず聞かれます。
今までどんな仕事をしてきたかが重要で、その際にビルメンでの経験があるかなども聞かれます。

ビルメン業界で正社員なり契約社員で就職や転職をする際に、ビルメンの経験があると採用されやすい傾向にあります。
職業安定所や求人情報誌などでの応募条件に
経験3年以上
電顕の資格所持者
一種電気工事士必須
建築物環境衛生管理技術者あれば好ましい
などの、設備に関する資格所持者を求める傾向にあります。

そして、ビルメン業界の経験年数が必要だったりします。
大抵は、転職する際に書類選考で条件を満たした人しか面接をしてもらえないので、面接に進む時点で、これらの課題はクリアできているものと思います。

ビルメン(設備管理)の面接で当たり前のように聞かれること!

ビルメンの面接でよく聞かれることは、

「以前の会社をどのような理由で退職したのか?
何故、この会社で働こうと思ったのか?
この会社でどんな仕事ができるか?
将来的に難関資格の取得を目指し、結果を出せるか?
転勤や急な人事異動があるが、それでも大丈夫か?
借金はしていないか?
身元保証人になってくれる人がいるか?
様々な年代の人が職場で働いているが、みんなとうまくやっていけるか?

ビルメンの面接で聞かれることは、このようなことです。

ビルメン(設備管理)の面接をクリアしよう!

一般の業種の面接で聞かれる事と大差はないですが、ビルメンの面接できちんと受け答えできるように事前に答えを準備しておいたほうがいいでしょう。
そして、ビルメンの面接官が最後に
何か質問はありませんか?
と聞いてきます。

面接で好印象を与え、ビルメンの面接をクリアするためには、ここでしっかりと自分の気になることを質問するべきです。

ビルメンとしての将来的なビジョンや社会保障や昇給についてなど、自分の聞きたいことこを要点を考えて質問する方が面接官にとっての評価が高まるはずです。

逆に、「何もありません!」と返答するのは避けたほうがいいでしょう。
普通に考えて、何もない方がおかしいのです。
ビルメン業界にかかわらず、面接で一番重要なのは、一番最後の面接官からの質問に対する返答なのです。

[amazonjs asin="4274947955" locale="JP" tmpl="Small" title="絵とき ビル設備基礎百科早わかり"]

-ビルメン(設備管理)の転職!, ビルメン(設備管理)求人
-, , ,

Copyright© ビルメン(設備管理)仕事内容と資格のまとめ大辞典! , 2018 All Rights Reserved.