ビルメン(設備管理)仕事内容

ビルメン(設備管理)の仕事内容はまったりではない!

更新日:

ビルメン(設備管理)の仕事ってマッタリと言われるが・・

ビルメンの仕事ってよく、暇そうだとかやることなさそうだとか言われます。
ビルメンは本当に暇なのか、書いてみたいと思います。
ビルメンの仕事は、重労働は少ないが、細かい仕事が多いんです。

メインの仕事はメーター検針と巡回!

ビルメン仕事には、検針と巡回があります。
検針とは、建物に引き込んである水道局のメーターや、建物内の水槽などのメーターを調べて、記録する作業です。
大きなビルになればなるほど、水道の使用量が増えてきます。毎日、水道メーターを検針する事で、配管からの水漏れや ムダな水の使用が分かります。

ビルメン仕事の検針は、一日に3回程度行います。
記録用紙を片手に、大きいビルですと 10箇所ほどの水道メーターなどを記録します。

水道メーターの検針は、私は最初分かりませんでした。
数値がデジタルなら見やすくていいんですが、 数値はちょっと変わった時計の針みたいなもので表示されています。
桁数も結構大きいので、最初はよく分かりませんでした。
よく考えてみたら、簡単なことですが。
ビルメンに転職してきて、一番最初に教わった業務が この検針と言われる作業でした。
明けても暮れても、巡回と検針が私の仕事でした。

私の現場では、一日5回記録を取るようになっています。
結構めんどくさいといえば、めんどくさい内容です。

ビルメン(設備管理)の巡回ですること!

ビルメンの巡回は、その名のごとく 建物を隅から隅まで巡回して、異常や電球切れなどを調べに行きます。
トイレや階段などの照明や、設備機械の調子を見たりします。

設備機械といっても、かなり大きくて複雑なので 調子がいいか調子が悪いか位の判断しかできません。
調子が悪く、不具合がありそうなら 業者やメーカーに連絡して、対応をするといった感じです。
ビルメンで、巡回していても 滅多にトラブルはないので、トラブルがあった時にはゾッとします。

ビルメン(設備管理)の巡回は現場が広いと3時間もザラ!

そして、建物が広く高層だと 巡回するだけでも、かなりの時間と歩数を要します。
健康には良さそうなので、苦痛ではありませんが 一回巡回に行くと、3時間程度必要になる場合もあります。

まあ、ビルメンの仕事内容自体が 巡回と検針がメインなので、毎日設備を見たりしていると自然と知識も入ってきます。 慣れてくると、飽きてくるのも確かですが。 こんな感じで、私はビルメンとして巡回と検針をしています。

世間で言われている、ビルメンの仕事はまったりなのか?と聞かれれば、人それぞれなので返答に困ります。
しかし、ビルメンは他の業種に比べるとまったりの部類かもしれません。
あくまで、配属された現場次第です。

[amazonjs asin="4837918530" locale="JP" tmpl="Small" title="仕事ができる人できない人"]

-ビルメン(設備管理)仕事内容
-, , ,

Copyright© ビルメン(設備管理)仕事内容と資格のまとめ大辞典! , 2018 All Rights Reserved.