ビルメン(設備管理)資格 ビルメン転職に有利な資格!

ビルメン 転職に有利な資格!

更新日:

ビルメンでは電気系の知識と技術は高評価!

ビルメンに転職するのに有利な、第二種電気工事士の資格。

街にある、大型の商業施設や高層ビルなどの設備をメンテナンスして設備を管理する仕事を、一般的にビルメンテナンスといいます。

一般的には、ビルメンと呼ばれています。

このビルメンテナンスの仕事は、電気や空調、水道、配管など建築物のすべてのことについて、多数の知識が必要な職種です。

こういった設備の簡単な補修を、ビルメンテナンスのスタッフが行います。

その中でも、電気関係の知識や資格は必ず必要になります。

100Vのコンセントが壊れた時など、配線をポチっとつなぐだけ。

でも、国家資格である第二種電気工事士の免許が必要になります。

二種電気工事士の資格手当の金額!

二種電気工事士の免許取得の流れ!

肝心の二種電気工事士の免許は、2018年だと、3月くらいから願書の受付が始まります。
試験は、6月と10月の2回に分かれます。

電気工事士の試験は、年に一回しか受験できないので、何とか一発で合格したいところです。
試験の内容は、電気に関する計算問題や、図面記号の意味や法令関係などの、比較的簡単な問題があります。

二種電気工事士試験の合格基準!

筆記試験は、4択のマークシート方式で50問出題されます。

合成抵抗やインピーダンスの計算、そして電流値の計算ができれば楽勝です。

第二種電気工事士の筆記試験の合格ラインは、60点です。
50問中30問正解で合格ラインです。

二種電気工事士試験の筆記試験に合格すると、ひと月後に、実技試験が行われます。

この実技試験が、二種電気工事士の難関と言えます。

ビルメンに必要な二種電気工事士の資格は出費も多い!

あらかじめ、13課題が発表されていて、その中から1問出題されるんですが、あらかじめかなりの練習をしておかないと、時間切れであったり、結線間違いなどでアウトになります。

二種電気工事士資格取得に向けた実技試験の練習するのに、工具を購入したり、部品や配線を揃えたりと、出費も結構かかります。

それでも、取得しておいて損のないのが、二種電気工事士の国家資格です。

ビルメンを目指し、ビルメンに就職するのなら取得しておきたい資格です。

 

【オススメ記事♪】

ビルメンが2chで話題になった結果凄いことに!

三種冷凍機械責任者試験 勉強方法と対策!

ビルメン 転職時は保証人が必要なケースが増加!

2ちゃんねるや掲示板でビルメン(設備管理)に転職する人が急増中の理由!

-ビルメン(設備管理)資格, ビルメン転職に有利な資格!
-, ,

Copyright© ビルメン(設備管理)仕事内容と資格のまとめ大辞典! , 2018 All Rights Reserved.